TIPS – 指定したサムネイルを別のPCで表示

ThumbnailCityは、サムネイルやブックマークの位置を、ADS(代替データストリーム)と呼ばれる領域に書き込みます。ADSはNTFS又はReFSでのみ利用可能な機能であるため、動画ファイルをサムネイル位置も含めて別のPCにコピーするには、多少の注意/工夫が必要です。

  • サムネイルやブックマークの指定は、シェアウェア版で行う必要があります。表示はフリーウェア版でもシェアウェア版でも可能です。
  • Windows File共有(共有フォルダ)を経由する場合は、そのままコピーできます。
  • SDカードやUSBメモリ等の外部メディアを経由する場合は、メディアをNTFSでフォーマットしておく必要があります。
  • その他の場合は、ADSをサポートした圧縮ファイルに入れてコピーする必要があります。ADSをサポートした圧縮ファイル形式には、RARやWIMがあります。
ADSを含めた動画ファイルのコピー方法

ADSをサポートしている代表的なアーカイバソフトとしては、WinRAR(RAR形式)、7zip(WIM形式)があります。それぞれのソフトで必要な設定を下の図で説明しています。

WinRARを使用する場合

  • 圧縮形式は「RAR」
  • 「ファイルストリームを保存」をチェック

7zipを使用する場合

  • 圧縮形式は「WIM」
  • 「代替データストリームを保存」をチェック